« 今年もよろしくお願いします。 | Main | 清水哲男『月がとっても青いから』、ジョゼフ・タワドロス、『fROOTS』誌 the best of 2012 »

January 12, 2013

WORLD MUSIC CHART EUROPE YEAR 2012 The Top 10 清水靖晃

2013/1/12 (土)

 2012年度のヨーロッパのラジオDJが選んだ年間チャートのトップ10です。
 ラジオ向きの聞きやすいアルバムぞろいという意味では、妥当なラインナップというところでしょうか。

WORLD MUSIC CHART EUROPE YEAR 2012
The Top 10

1 BOUGER LE MONDE / Staff Benda Bilili
 Crammed DR Congo
2 EL AAIUN AGDAT / Mariem Hassan
 Nubenegra Western Sahara/Spain
3 BROTHERS IN BAMAKO / Habib Koite - Eric Bibb
 Contre-Jour Mali/USA
4 BBC 3 - WORLD ROUTES: ON THE ROAD / Various Artists
 Nascente various
5 FATOU / Fatoumata Diawara
 World Circuit Mali
6 HORA KOTA / Bonga
 Lusafrica Angola
7 A CURVA DA CINTURA / Arnaldo Antunes, Edgar Scandurra & Toumani Diabate
Mais Um Discos Brazil/Mali
8 UTU / Varttina
 Rockadillo Records Finland
9 RADIO SALONE / Sierra Leone's Refugee All Stars
 Cumbancha Sierra Leone
10 GREEKADELIA / Kristi Stassinopoulou & Stathis Kalyviotis
  Riverboat/WMN Greece


2013/1/11(金)

 夜、鎌倉芸術館小ホールで、清水靖晃&サキソフォネッツ in 鎌倉 2013 のコンサートを見る。
 はじめて行ったホール。大船駅で降りて、商店街を抜けて10分ほど歩く。ここが昔、松竹の撮影所があったところかと思うと、へんてつもない町並みが別の色彩を帯びて見えてくるから、思いこみとはおもしろいものだ。
 サキソフォネッツはサックスばかりのアンサンブル。担当楽器は清水靖晃(テナー)、江川良子(テナー、ソプラノ)、村田祐和(テナー、ソプラノ)、鈴木広志(バリトン)、東涼太(バリトン)。
 プログラムは、バッハの曲が半分くらいだが、その間にオリジナルやエチオピアの伝統的な五音階の曲がはさみこまれる。冒頭の「フーガの技法:コントラプンクトゥスI」のサックスの柔和なアンサンブルを聞いて幸せな気分になる。ジャズにありがちな吹きまくりでも、クラシック的な律義な演奏でもない、サックスに対する清水靖晃の距離のとり方が他では聞けないものだと思う。
 第2部とアンコールではゲストの波多野睦美がパーセルの「ザ・コールド・ソング」「あんたがたどこさ」など5曲をうたった。
 にぎやかなロビーで友人、知人にあいさつして、駅前の稲庭うどんで暖まって帰る。


|

« 今年もよろしくお願いします。 | Main | 清水哲男『月がとっても青いから』、ジョゼフ・タワドロス、『fROOTS』誌 the best of 2012 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年もよろしくお願いします。 | Main | 清水哲男『月がとっても青いから』、ジョゼフ・タワドロス、『fROOTS』誌 the best of 2012 »