« 辻康介、植野義明、朝日美穂 | Main | ブランク・ページ、信貴山玉蔵院、春日大社 »

March 29, 2013

谷口江里也『アトランティス・ロック大陸』、『ERIS』、ワールド・ミュージック・タイム

2013/3/27(水)

 朝からのどが猛烈に痛い。午後まで家にこもって読書。その中の一冊が、2月17日のサラヴァ東京開店2周年記念「清水靖晃&マイア・バルー・ライヴ」の会場で会った谷口江里也さんから送っていただいた『アトランティス・ロック大陸 風の記憶、岩の夢 My United Stars Of Atlantis』(エスプレ)。
 この本には、アメリカがヴェトナム戦争に深入りしていく時期に作られたボブ・ディランの「風に吹かれて」から、9.11とその後の戦争を予言していたかのようなエルトン・ジョンの「アメリカン・トライアングル」まで、57の歌についてのエッセイが集められている。出版は2007年。
  遠く離れて存在すら知らずに暮らしている人間が、あるとき同じ音楽に出会い、同じような思いを抱くのは、20世紀に入ってからはじめて登場した音楽の聞かれ方だ。その結果、19世紀までとは比較にならないくらい多種多様な人が、多種多様な音楽によって心を束ねられることになった。ぼくの世代は成長・変貌期にあった洋楽のロックという音楽を通してそれを体験した。自分が聞いてきたのと同じ音楽を聞いて、同じようなことを感じたり、考えたりしていた人がここにいる! この本のページをめくるたびにぼくはそんな驚きにとらわれた。
 タイトルに使われたアトランティスという言葉には、いまあの時代の音楽の力はいずこへ?という思いもこめられているのだろう。しかしこの本はノスタルジックな思い出にふける本ではない。建築や空間設計から翻訳まで多彩な仕事をされている谷口さんは、若いころ横浜で音楽の現場にいた。その後も音楽の制作にかかわっている。音楽のとらえ方が的確で、造詣が深い。しかも書き方の間口が、音楽専業のもの書きより広くて自由。音楽エッセイ集としても秀逸。
41z0rxflkwl_aa160_1

2013/3/26(火)

 恵比寿の『ERIS』編集部で打ち合わせ。次に出る3号は5月19日の発売予定など、基本的なことを決める。
Eris_vol2_s1

2013/3/25(月)

 深夜0時にNHKFMの番組『ワールド・ミュージック・タイム』の最終回の放送を聞く。
 最後の最後までしゃべりがうまくならなかったなあ……。努力が足りないんだよ! あ。はい。すみません。
 長年番組を聞いてくださったみなさん、どうもありがとうございました。再放送の最後が4月1日(月)の午前10時からあります。

|

« 辻康介、植野義明、朝日美穂 | Main | ブランク・ページ、信貴山玉蔵院、春日大社 »

Comments

長い間、ご苦労様でした。
北中さんの朴訥とした喋りは、逆に信頼感が非常にあるとのことでしたので。

いつ調子よく話してしまう私などは、なかなか信じてくれません。

どこかでまたやってください。

Posted by: さすらい日乗 | March 30, 2013 at 07:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 辻康介、植野義明、朝日美穂 | Main | ブランク・ページ、信貴山玉蔵院、春日大社 »