December 06, 2016

World Music Charts Europe 2016 Year top 20, fROOTS critics poll 2016

2016年12月5日(月)
今年のワールド・ミュージックの年間ベストが出はじめました。その第一弾がヨーロッパ各地のワールト関係のラジオDJたちによるチャート。ぼくの印象としては、迷走している感が強い気がしますが、これはこれでヨーロッパで何が人気なのか、ある程度の参考にはなるような気がします。

World Music Charts Europe 2016
The top 20

1 ABBAR EL HAMADA Aziza Brahim
Glitterbeat Western Sahara/Spain
2 THE WOMAN AT THE END OF THE WORLD (A MULHER DO FIM DO MUNDO) Elza Soares
Mais Um Discos Brazil
3 AZEL Bombino
Partisan Records Niger
4 Ne SO Rokia Traore
Nonesuch Mali
5 KONONO NO 1 MEETS BATIDA Konono No1
Crammed Congo/Portugal
6 SENSITIVE SKIN Kimmo Pohjonen
Octopus/Ondine Finland
7 NYN Kristi Stassinopoulou, Stathis Kalyviotis
Riverboat Records Greece
8 HERITAGE Richard Bona & Mandekan Cubano
Qwest/Membran Cameroon/USA/Cuba
9 SPACE ECHO, THE MYSTERY BEHIND THE COSMIC SOUND OF CABO VERDE FINALLY REVEALED Various artists
Analog Africa Cape Verde
10 ARBINA Noura Mint Seymali
Glitterbeat Mauritania
11 ESPERANTO Dimitris Mystakidis
Fishbowl Greece
12 VIENA Varttina、
Westpark Music Finland
13 MEZCLA M.A.K.U. Soundsystem
Glitterbeat USA/Columbia
14 TROPIX Ceu
Six Degrees Brazil
15 TULES MAAS VEDES TAIVAAL Tuuletar
Bafe's Factory Finland
16 SOUND CITY Stefano Saletti & Piccola Banda Ikona
Finisterre Italy
17 THE TAMBOURINE MAN Xabier Diaz & Adufeiras de Salitre
Musicas de Salitre Spain
18 DJELY BLUES Djelimady Tounkara
Label Bleu Mali
19 LEYENDA Ana Alcaide
ARC Spain
20 RIVIERE NOIRE Riviere Noire
CPL Music France/Brazil

fROOTs Magazine の Critics Poll上位20も公表されています。1位のシャーリー・コリンズは功労賞みたいなものでしょう。ワールドものが減り、UKやアイルランドのフォークが多くなっています。

1. Shirley Collins Lodestar (From Here)
2. Kristi Stassinopoulou & Stathis Kalyviotis Nyn (Riverboat)
3. Jim Moray Upcetera (NIAG)
4. Aziza Brahim Abbar El Hamada (Glitterbeat)
5. The Gloaming The Gloaming 2 (Real World)
6. Josienne Clarke & Ben Walker Overnight (Rough Trade)
7.= Maarja Nuut Une Meeles (Maarja Nuut)
Refugees For Refugees Amerli (Muziekpublique)
9. The Furrow Collective Wild Hog (Hudson)
10. Leyla McCalla A Day For The Hunter, A Day For The Prey (Jazz Village)
11. Elza Soares A Mulher Do Fim Do Mundo (Mais Um Discos)
12. Calypso Rose Far From Home (Because)
13.= Leveret In The Round (RootBeat)
Noura Mint Seymali Arbina (Glitterbeat)
15. Afro Celt Sound System The Source (ECC)
16. Bombino Azel (Knitting Factory)
17.= Lady Maisery Cycle (RootBeat);
Lakou Mizik Wa Di Yo (Cumbancha)
19.= Kris Drever If Wishes Were Horses (Reveal)
Orkesta Mendoza ¡Vamos A Guarachar! (Glitterbeat)

 そしてこちらはぼくも参加しているTransglobal World Music Chart のトップ20。手前みそではありますが、いちばんバランスがいいような気が。

1 Refugees for Refugees – Amerli – Muziekpublique
2 Bixiga 70 – III – Glitterbeat Records
3 Aziza Brahim – Abbar el Hamada – Glitterbeat Records
4 Noura Mint Seymali – Arbina – Glitterbeat Records
5 Constantinople & Ablaye Cissoko – Jardins Migrateurs – Ma Case
6 Rokia Traoré – Né So – Nonesuch Records
7 Elza Soares – The Woman at the End of the World / A Mulher do Fim do Mundo – Mais Um Discos
8 Yo-Yo Ma & Silk Road Ensemble – Sing Me Home – Sony Masterworks
9 Kayhan Kalhor, Aynur, Cemîl Qoçgirî & Salman Gambarov – Hawniyaz – Harmonia Mundi
10 Bonga – Recados de Fora – Lusafrica
11 Harold López-Nussa – El Viaje – Mack Avenue Records
12 Ballaké Sissoko & Vincent Segal – Musique de Nuit – Nø Førmat! / Six Degrees Records
13 Kristi Stassinopoulou & Stathis Kalyviotis – Nyn – Riverboat Records
14 Ana Alcaide – Leyenda – ARC Music
15 Sam Lee & Friends – The Fade in Time – The Nest Collective
16 Richard Bona & Mandekan Cubano – Heritage – Qwest Records
17 Lakou Mizik – Wa Di Yo – Cumbancha
18 Bombino – Azel – Partisan Records
19 The Gloaming – 2 – Real World Records
20 Las Hermanas Caronni – Navega Mundos – Les Grands Fleuves


|

April 04, 2016

浅川マキの『Maki Asakawa UK Selection』

2016年4月3日(日)

 浅川マキの『Maki Asakawa UK Selection』というアルバムをプロデューサーの寺本幸司さんから送っていただいた。イギリスのオネスト・ジョンズから発売された編集アルバムを日本盤化したものだ。
 オネスト・ジョンズは70年代からロンドンのポートベローにあるレコード店で、ブルースを中心に多様なレコードを扱っていたが、21世紀に入ってブラーのデーモン・アルバーンと手を組んでレーベルを作り、復刻や新録も手がけるようになった。このレーベルによる20世紀前半の貴重なSPや7インチ音源の復刻盤からぼくは多くのことを教えられている。

 同レーベルのサイトは浅川マキを、演歌、フォーク、ブルースを内包するカウンターカルチャー的なジャズ歌手として紹介している。たしかに彼女は同時代のフォーク、ロック系のシンガー・ソングライターとちがって、ジャズ的なブルースをベースに曲を作っていた。ヒットした「かもめ」は歌謡曲的なワルツに聞こえたが、それはこの曲が歌謡曲と「主にジャズ系のミュージシャンが演奏し、ミックスでヴォーカルを前に出し、各楽器の音を明確に録音する」方法を共有していたからであり、彼女には米軍キャンプでうたった洋楽体験と同じくらい歌謡曲の体験があったからでもある。たとえば亀渕友香は回想で、浅川マキは美空ひばりの歌をすごくうまくそのとおりにうたえる人だったと語っている(『ロング・グッドバイ 浅川マキの世界』)

 音楽業界内でのロック系の音楽と歌謡曲の溝が、いまとちがって非常に大きかった当時、ロック系の音楽に夢中だったぼくは、彼女の音楽のよい聞き手とは言えなかったが、逃げても逃げても追いかけて来る声というか、ジャズ的な演奏にとらわれずに調子はずれ寸前のところで綱渡り的なバランスを保っている彼女の低い歌声は耳にこびりついて離れなかった。

 選曲基準については書かれていないが、イギリスの選曲者や聞き手には、ジャズやリズム&ブルースのエキゾチックな解釈として新鮮に感じられるのか、1曲目には笛が雅楽や民謡の笛のように聞こえる「眠るのが怖い」が選ばれている。数多い洋楽曲の中からラダ・クリシュナ・テンプルの「ゴビンダ」が入っているのもイギリスならではだ。山木幸三郎や山下洋輔が作曲した洗練された曲はサウンド的に外国の人にもなじみやすいのだろう。

「夜が明けたら」「少年」「裏窓」など、日本のベスト盤になら入る曲が入っていなくて、「ちっちゃな時から」が2ヴァージョン(スタジオ録音のイントロはBS&Tを借用している)収録されているのもこのアルバムの特徴だ。その「ちっちゃな時から」で、リズム&ブルース的な演奏によくのって彼女がビブラートやこぶしを使いながらうたうのを聞いて連想したのは往年のタイ歌謡の女王プンプァンのアップテンポなヒット曲だった。昔はプンプァンのことなど知らなかったので、このアルバムで久しぶりに彼女の歌を聞いて、またひとつ楽しみが増えた。両者の類似は、相互の影響があったとは思えないので、偶然だろうが、これは洋楽的な演奏にアジアの言葉が出会って歌が生まれるときに、遠く離れたところで同じような現象が起こりうる例として記憶しておきたい。

 ロンドン大学で日本語や日本文化を教えているアラン・カミングスが、70年代中頃までの浅川マキの活動をデビュー前の経歴も含めて俯瞰的に詳しく書いている解説も参考になる。

|

January 03, 2016

年間チャート 2015年

2016年1月3日

ワールド・ミュージックの各種年間チャートが発表されているので、簡単に紹介しておこう。
老舗のワールド・ミュージック・チャート・ヨーロッパ。ヨーロッパ各国のワールド関連番組のDJたちによるチャート。
http://www.wmce.de/The-year-2015.html

こちらは2015年秋にスタートしたチャート。世界各地のワールド関係者によるチャート。ぼくも参加しているが、ヨーロッパ中心のフィルターが強いことは否めない。CD作品がヨーロッパ中心に流通している現実があるからだろう。
http://www.transglobalwmc.com/charts/best-of-2015-chart/

|

December 02, 2015

WMCE, TGWMC

2015/12/2 (水)

world music chart europeと
協力しているtransglobal world music chartの最新のチャートです。
December 2015

World music chart Europe
from175 nominated CDs
新譜中心のチャートです。

1 RENASCENCE Sterns Africa prev month: 1
Kandia Kouyate Mali
2 SENSITIVE SKIN Octopus/Ondine prev month: 4
Kimmo Pohjonen Finland
3 MUSIQUE DE NUIT No Format! prev month: 8
Ballake Sissoko, Vincent Segal Mali, France
4 TOURISTES Six Degrees prev month: - -
Vieux Farka Toure & Julia Easterlin Mali/USA
5 HERANCA Lusafrica prev month: 7
Lura Cape Verde
6 REINA DE TODAS LAS FIESTAS Barbes prev month: - -
Chico Trujillo Chile
7 SATRIKA Oriente prev month: - -
Caci Vorba Poland/Ukraine
8 BALBALU Chapter Two/Wagram prev month: 3
Cheikh Lo Senegal
9 SABARU One World prev month: 14
Sekou Kouyate Guinea
10 PRE'VOLUTION Outhere prev month: 51
Smockey Burkina Faso
11 FROM BEDLAM TO LENANE Agualoca prev month: 9
Ilaria Graziano, Francseco Forni Italy
12 AW SA YONE VOL 2 Teranga Beat prev month: 50
Dieuf Dieul de Thies Senegal
13 WARSZAWA-DAKAR For-Tune Production prev month: 32
Maria Pomianowska & Groupe Gainde Poland/Senegal
14 RADIAL Waulk Records prev month: 16
Griselda Sanderson UK
15 III Glitterbeat prev month: 6
Bixiga 70 Brazil
16 THE FADE IN TIME The Nest Collective prev month: 2
Sam Lee & Friends UK
17 LOST IN MALI Riverboat prev month: 79
V.a. Mali
18 FESTIVAL FLAMENCO GITANO + DA CAPO ACT prev month: 31 V.a. Spain
19 MELOKAANE Pump up the World prev month: 5
Elage Diouf Senegal/Canada
20 LAKKAUTETTU KYLÄ Kihtinäjärvi prev month: 10
Anne-Mari Kivimäki Finland
-----------------------------------------------------
We are 48 Radio producers in 25 European countries

transglobal world music chart
パネラーが世界各地にいるのと、新譜中心とかぎらないのが特徴です。

1 Bixiga 70 - III - Glitterbeat Records
2 Kandia Kouyate - Renascence - Stern's
3 Sam Lee - The Fade In Time - The Nest Collective
4 Carles Dénia i La Nova Rimaire - L'Home Insomne - Comboi Records
5 V.A. - Lost in Mali - Riverboat / World Music Network
6 Lura - Herança - Lusafrica
7 Saba Anglana - Ye Katama Hod - Felmay
8 Dizu Plaatjies and Friends - Ubuntu. The Common String - Mountain Records
9 Monsieur Doumani - Sikoses - Monsieur Doumani
10 Vieux Farka Touré & Julia Easterlin - Touristes - Six Degrees Records
11 Ballaké Sissoko & Vincent Ségal – Musique de Nuit – Nø Førmat! / Six Degrees Records
12 Seffarine - De Fez a Jerez - Seffarine Music
13 Mamak Khadam - The Road - Innova Recordings
14 Youssou N’Dour et le Super Étoile De Dakar – Fatteliku (Live In Athens 1987) – Real World Records
15 L'Attirail - La Route Interieure - Les Chantiers Sonores
16 Te Vaka - Amataga - Warm Earth Records
17 Griselda Sanderson - Radial - Waulk Records
18 Zohar Fresco - Tof Miriam - Zohar Fresco
19 Cheikh Lô - Balbalou – Chapter Two Records
20 Čači Vorba - Šatrika - Oriente Musik

|

October 10, 2015

tipsipuca, RAYONS, Transglobal World Music Chart

2015/10/8 (水)

Flau4911

 先日のtipsipucaに続いて、やはり東京音楽大学の卒業生で、Rayons名義で活動している現代音楽家女性に、ファースト・アルバム『The World Left Behind』を聞かせてもらった。彼女は以前KPMをキーボートと編曲でサポートしていたことがある。このアルバムはKPMとはちがって、基本的には室内学的なキーボード中心の音楽。曲によって歌や木管やストリングスが加わる。曲にはシンガー・ソングライター、アンビエント、ワールド、現代音楽などさまざまな音楽のこだまが感じられ、ゲストの女性歌手の声はジョニ・ミッチェルがビョークの歌をおだやかにうたっているようなところがある。午後に空を見ながら聞いていると、遠くに連れていってくれそうな音楽だ。


2015/10/5 (月)

456246296005711_2

 先日近所の商店街の小さなクラブの開店記念のイベントに立ち寄ったら、そこに来ていた東京音楽大学の教え子にぱったり会った。教え子と言っても、ぼくは音楽の歴史を教えただけで、創作の授業には立ち会っていないが、元気で活動していることがわかったのはうれしい。
 そのグループは、tipsipuca という高梨菖子と酒井絵美のユニットで、CD『Growing』が夏に出た。CDにはゲストで中村大史と熊谷太輔も参加している。ソーラン節をモチーフにしたリールではじまるアルバムの音楽はアイリッシュ・フォークにさまざまな要素を加味したさわやかなアコースティック・ミュージック。「われは海の子」「浜辺の歌」なども違和感なく取り上げている。アイリッシュ・フォーク・ファンの間ではすでに話題のグループのようだ。
 後日、やはり卒業生で、Rayons名義で活動している現代音楽家女性に、ファースト・アルバム『The World Left Behind』を聞かせてもらった。彼女は以前KPMをキーボートと編曲でサポートしていたことがある。このアルバムはKPMとはちがって、基本的には室内学的なキーボード中心の音楽。曲によって歌や木管やストリングスが加わる。曲にはシンガー・ソングライター、アンビエント、ワールド、現代音楽などさまざまな音楽のこだまが感じられ、ゲストの女性歌手の声はジョニ・ミッチェルがビョークの歌をおだやかにうたっているようなところがある。午後に空を見ながら聞いていると、遠くに連れていってくれそうな音楽だ。

2015/10/4 (日)

 Transglobal World Music Chartというチャートの作成のお手伝いをしてみることにした。同種のものとしてはワールド・ミュージック・チャート・ヨーロッパが有名だが、もう少し幅広いものになるのではという期待から。詳しくはリンク先のサイトを見てほしいが、毎月末にラジオDJやプレス関係者によるメンバーでまずノミネート作品を提出し、その上位数十枚の作品を対象に一ヶ月後に再投票して順位を決めるというもの。地域のかたより、反映スピードに時間がかかるなど、課題もあるが、とりあえず協力してみることに。第一回の10月のチャートは以下のとおり。
1 Bassekou Kouyaté & Ngoni Ba – Ba Power – Glitterbeat Records
2 Canzoniere Grecanico Salentino – Quaranta – Ponderosa Music & Art
3 Monsieur Doumani – Sikoses – Monsieur Doumani
4 Totó la Momposina – Tambolero – Real World Records
5 Taraf de Haïdouks – Of Lovers, Gamblers and Parachute Skirts – Crammed Discs
6 Ballaké Sissoko & Vincent Ségal – Musique de Nuit – Nø Førmat! / Six Degrees Records
7 Titi Robin avec Mehdi Nassouli – Taziri – Molpe Music / World Village
8 Mbongwana Star – From Kinshasa – World Circuit
9 Samba Touré – Gandadiko – Glitterbeat Records
10 Debashish Bhattacharya – Slide Guitar Ragas from Dusk till Dawn – Riverboat / World Music Network
11 Terakaft – Alone – OutHere
12 Fatoumata Diawara & Roberto Fonseca – At Home – Jazz Village / Harmonia Mundi
13 Monoswezi – Monoswezi Yanga – Riverboat / World Music Network
14 Novalima – Planetario – Wonderwheel Recordings
15 Songhoy Blues – Music in Exile – Transgressive Records
16 Kelly Thoma – 7 Fish – Kelly Thoma
17 Ludovico Einaudi – Taranta Project – Ponderosa Music & Art
18 Efrén López – El Fill del Llop – Buda Musique
19 Pat Thomas and Kwashibu Area Band – Pat Thomas and Kwashibu Area Band – Strut Records
20 Amadou Balaké – In Conclusion – Stern’s Music

サイトはこちらをどうぞ。
http://www.transglobalwmc.com/charts/october-2015-chart/

|

May 30, 2015

URC、ニューミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、高田渡

2015/4/20 (月)

 気がつけば『ニューミュージック・マガジン』で働きはじめてから45年。近年は、体験の思い出を求められることも多くなった。最近送られてきたものを。


『URCゴールデンベスト』は小倉エージ監修のURCレコードのベスト・アルバムの初回限定盤で、2枚組CD。DVD、『高田渡/五つの赤い風船』のアナログ盤、『フォーク・リポート』創刊号の抜粋復刻からなるボックス・セット。ぼくはCDの曲について短いコメントを書いた。

『レコード・コレクターズ』5月号では、高田渡特集に彼のヒストリー記事を書いた。特集では、書かれた詩とそれがうたわれるときの言葉の扱いのちがいを論じた細馬宏通「詩と詞と 歌われた現代詩」がおもしろい。

「『ニューミュージック・マガジン』の1969年 群馬県立女子大学紀要36号別冊2015年2月」は、山崎隆広さんによる論文の抜粋。この音楽雑誌が果たした役割を当時の日本の社会、文化状況の中に置いて検討してみようという試み。1969年にはぼくはまだ編集部にいなかったが、当時のことを伝聞している人ということで、山崎さんに取材された。その発言が使われている。未確認のまましゃべったところもあるので、まとめられるときは確認、修正の予定。

|

April 06, 2014

桜並木の阿波踊り写楽連、木村友祐『イサの氾濫』、黒川創『いつか、この世界で起こっていたこと』、佐々木幹郎『東北を聴く』

2014/4/6 (土)

 午後、八幡山のSさんに誘われ、ご当地のさくら祭りに行ってきた。団地の桜並木を、季節外れの写楽連の阿波踊りが練り歩いて来る。いまの阿波踊りには、練り歩きの踊りだけでなく、見せるための舞台踊りがあることをはじめて知った。
 後で家に帰って徳島の阿波踊りのYouTubeを見てみたら、前夜祭の舞台だけでなく、パレードの踊りがずいぶん多様化している。40年以上前に鳴門市で見たときにくらべ、グルーヴ志向が強まった印象を受ける。「よさこいソーラン」のようにロック的なサウンドを加えるのではなく、従来の鳴り物のリズムを工夫することで、現代的な感覚を出そうとしているのがおもしろい。
 上北沢の桜並木でお団子を食べた後、2年前に改装され、ブロック塀が金属のフェンスに変わった都立松沢病院のまわりを散策した。そしてさくら祭りの会場で年配の有志の方たちが作っていた木製の格安プランターを買って帰った。
 夕方、下北沢のラカーニャで10ストリングス(まれか&じゅんじ)のライヴ。アイルランドのコンサルティーナ奏者コーマック・ベグリーを迎えての楽しいステージだった。早めに終わったので代官山の「山羊に、聞く」で行なわれているミニサーカス隊キャラバン!の「東北6県ろ~る!! んだ! 満開ライブだど~っ!!!!」へ。途中からだったが、原マスミ、中川五郎のライヴ、震災を受けて書かれた小説家木村友祐の『イサの氾濫』の朗読などを聞く。最後はその小説に刺激を受けて生まれた「まづろわぬ民」を白崎映美、伏見蛍、小峰公子、向島ゆり子で。
 

2014/4/5 (金)

 東日本大震災と福島原発事故の後、自分の依って立つ足元について考えることが増えた。阪神大震災のときはそれほどでもなかったから、それ自体、東京に暮らす者の身勝手な反応ではあるが、想像力の欠如に気付いたことだけでも何も感じなかったよりはましと思うことにしよう。とはいえ考えの中身のほうは身も蓋もないほど単純で、いまだにうまく言葉にできないでいる。だから自分の頭で考えたことを言葉にしている人に出会うと、敬意を払わずにいられない。
51lbpfqbvl_aa160_1
 黒川創の『いつか、この世界で起こっていたこと』(新潮社) は、震災と原発事故をふまえて書かれた短編小説集で、6つの短編が収められている。昨年5月に単行本が出てからすでに多くの人に評されているが、最近、仲俣暁生さんがどこかでこの本にふれていたのを見て、おそまきながら読んでみた。
 6つの短編はそれぞれ独立した物語だ。著者の回想をからめたと思われる物語もあれば、旧ユーゴ出身の歌手ヤドランカをモデルにしたと思われる物語もある。しかしいずれの作品にも震災もしくは被爆についての記述が出てくるので、連作として書かれたことはまちがいない。読者は読み進むにつれて、福島の事故とアメリカの原爆製造施設とチェルノブイリのキノコとコソボ紛争で使われた劣化ウラン弾と横須賀の原子力空母が連鎖してくるのを目の当たりにする。
被災者を主人公にした「波」以外は、評論やエッセイめいた部分とフィクションを巧みに組み合わせた書き方だ。いや「波」にも登場人物が『旧約聖書』や『白鯨』にまつわる話や、サハリンの資源開発と自然破壊について評論風に語る部分があるから、軸足が少しちがうだけかもしれない。その重層性がこの短編集の技術的なおもしろさであり、災害の体験を記憶に残すために選ばれた方法でもある。その視点と抑えた筆致が震災や被爆を他人事にしないという作者の決意と想像力の強さを感じさせる。

41umbmsm3ml_aa160_1
 佐々木幹郎の『東北を聴く 民謡の原点を訪ねて』(岩波新書)は、震災後に津軽三味線の二代目高橋竹山と共に東北の民謡をたずね歩いて書いた本だ。
 いまわれわれが放送や録音媒体を通じて聞く民謡は、練って形を決め、高度な訓練を受けた歌手がうたうものがほとんどだ。たとえばこの本の中にも「新相馬節」のうたい出しの「ハア~」は、四拍半でうたうことに決まっているというような話が紹介されている。民謡はそのように「伝統的に」保存され、もうあまり変化のしようがないものとしてわれわれの前にある、ように見える。
 しかし著者は旅の中で、外からもたらされた民謡がどのように土地固有のものに変容したかを知り、時代と共にどのように変化してきたかを確かめ、その事実を淡々と記していく。そんな記述の中に初代高橋竹山を1933年の昭和三陸沖地震の津波から救った村人の話や民間信仰の話がさりげなくはさまれる。
 東日本大震災を経た後、うたい手にとっても聞き手にとっても、東北民謡のいくつかは、それまでとはちがった意味を帯びざるを得なくなった。たとえばこれから先、復興が明るく語られる機会が増え、被災者の傷がいやされていったとしても、被爆して見捨てられた牛や馬のことを抜きにして「南部牛追唄」をうたったり聞いたりすることは、少なめに見ても一世代か二世代、実際はもっと長い間、難しいと思われる。
 「民謡というものの、その土地の風景にあわさったときの幻想性は底知れない」と著者は書いている。詩人は「新相馬節」の、遥か彼方は相馬の空かヨ、という歌詞を聞く被災者の気持ちに思いをはせる。きめの細かな文章のうるおいがこの本を忘れ難いものにしている。

|

January 27, 2014

coba

2014/1/26 (日)

 夜、日本橋三井ホールで、coba solo tour 2014 ピュア・アコーディオン。
アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」にはじまり、クイーンの「ウイ・アー・ザ・チャンピオン」までの本編とアンコール、すべてcobaのアコーディオン演奏だけ。これまで封印していたことを取り払ってみたとcobaは語っていたが、低音部と高音部の対比が印象的な力強い演奏から静かで繊細な演奏までアレンジに工夫が凝らされ、アコーディオンの響きがさまざまな角度から味わえるコンサートだった。重い楽器を抱えてこんなふうに体力と気力のかぎりを尽すのは容易なことではないだろう。
はじめて行ったこのホールは客席が可動式のハコ。サイトでは展示会やセミナーやパーティの宣伝しかしていないが、コンサートもよく行なわれている。椅子は600から700くらい。お客さんは若い人から高齢者までさまざまで、cobaの音楽のファン層の広さを感じた。彼の人気ではかなわぬ夢かもしれないが、いつかPAなしの小会場でも聞いてみたい。

| | Comments (0)

January 22, 2014

fRoots 2013のアルバム、彌勒忠志、高本一郎、アラビンディア、Saigenji

2014/1/22 (水)

 遅くなったが『fRoots』誌の2013 年のアルバム・オブ・ザ・イヤーの結果です。
1 Catrin Finch & Sekou Keita / Clychau Dibon
2 Bassekou Kouyate & Ngoni Ba / Jama Ko
3 Lisa Knapp / Hidden Seam
4 Anais Mitchell& Jefferson Hamer / Child Ballads
5 Martin Simpson / Vagrant Stanzas
6 Tamikrest / Chatma
6 The Full English / The Full English
6 Linda Thompson / Won’t Be Long Now?
9 Ciqdem Aslan / Mortissa
10 Kayhan Kalhor & Erdal Erzincan / Kula Kulluk
 うーむ。ずいぶん偏ってるなという印象。CD不況で英米フォークに後退戦を強いられているということなのだろうか。


2014/1/18(土)

午後、祖師谷のサローネ・フォンタナでカウンターテナーの彌勒忠志とリュート&バロック・ギターの高本一郎によるナポリ歌謡ナポレターナのコンサート。二人のアルバム『古楽仕立のカンツォーネ』発売記念。もともとテノール歌手がうたうことが多かったナポリ歌謡は、20世紀後半にはポップス系の解釈も増えてきたが、カウンターテナーによるナポレターナのアルバムは世界初とのこと。スペイン経由のアラブ音楽の影響についてふれて「マレキアーレ」に出てくるコブシ回しを説明したりしながらのワールド目線もあるコンサートだった。アンコールは観客の挙手によるアンケートで人気のあった曲をやるという趣向だった。


2014/1/17 (金)

 夜、西荻窪の音や金時でアラビンディアのライヴ。常味裕司(ウード)、太田恵資(ヴァイオリン)、吉見征樹(タブラ)の3人がこの店で顔を合わせるのは約2年ぶりとのこと。演奏されたのはアラブやトルコの古典曲中心だったが、ほどよい緊張感があって、とても楽しめた。お客さんの連れてきた3歳くらいの女の子が通路の床を這いながらステージに進んで行く姿がとても愛らしかった。


2014/1/16 (木)

東京音楽大学にSaigenjiさんに来てもらって、ブラジル音楽とギターの変遷についての授業に参加していただいた。実際にギターを弾きながらの授業は、さすがに説得力があって、ぼくも学生に戻った気分だった。うたっていただいたオリジナル曲も素敵だった。こういうアナログな音楽からコンピュータで作曲することに慣れている学生さんが多くの刺激を受けてくれたであろうことを祈りたい。

| | Comments (0)

January 15, 2014

アラビンディア、下北沢チャペルコンサート、リュウテリア・ガン他

2014/1/15(水)

 午後、赤坂の東北新社で2月15日のJASRACのミュージック・ジャンクションの構成などの打ち合わせ。


2014/1/14(火)

 午後、松原団地の獨協大学の「メディア社会とロック」の講義に(講師はサエキけんぞうさん)ゲストで招かれて、ワールド・ミュージックや60-80年代のロックの話などをする。さえきさんの近著『ロックの闘い』(シンコー)はボブ・ディランの『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』からプリンスの『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』まで21枚のアルバムから見えてくるものを論じた本。さまざまな角度からロック史をとらえ直そうとする視点が含まれている。
 夕方、豪徳寺の弦楽器工房リュウテリア・ガンに立ち寄って、馬の毛をわけていただく。その話をフェイスブックに書いたら、この工房では、薩摩琵琶の島津義秀さんがかつてヴァイオリンを修理してもらって、音がすごくよくなったことも判明。


2014/1/13(月)

 東京都民教会で「新春 下北沢チャペルコンサート 東北へ思いをよせて~歌がかなえる未来をめぐるユメ!」を見る。出演は、白崎映美、伏見蛍、向島ゆり子、松永希、今井忍、末森英機、原マスミ。主催は音符otonofu+ミニサーカス隊キャラバン。人を思う心の豊かさを感じた3時間余の音楽のひととき。


2014/1/8(水)

 午後、恵比寿の備屋で『ERIS』6号のために亀渕昭信+ピーター・バラカンによるラジオをめぐる対談の司会。糸居五郎さんのDJのしゃべりのスタイルと機材の関係など、現場を体験した人ならではの興味深い話が続出。


2014/1/6(月)

 今年の音楽ライヴ初めは西荻窪の音や金時でアラビンディア。アラブやトルコの音楽をひねりのきいた演奏で。アラビンディアがこの場所でやるのは2年ぶりくらいとかで、ほどよい緊張感が走る。最後に関西から来ていた森内清敬がダラブッカでゲスト参加。そのとき叩いた陶製のダラブッカは10キロもあるそうだ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧